むち打ち治療 清須市 交通事故治療 接骨院 いけむら接骨院 須ヶ口駅前

いけむら接骨院【交通事故治療専門サイト】 お電話でのお問い合わせ

交通事故治療について

ホーム>交通事故治療について

Menu
ホーム
交通事故治療について
費用について
交通事故Q&A
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
いけむら接骨院では、地域の皆様はもとより多くの方々に安心と信頼される医療を行うことを目標に診断、治療、予防医療の提供をさせていただきます。

特に交通事故によるけが、頸部痛、腰部痛については、長年、研修先の水谷病院、水谷整形外科内科クリニックにおいて、脊椎専門外来勤務での経験を生かし患者様の訴えに対し適格な診断、評価のもとに治療プログラムを提供させていただきます。
また患者様の症状により水谷病院へ紹介し、レントゲン検査、MRI検査の後、脊椎専門医による診察も含め精査が可能です。

いわゆる"むち打ち損傷"は他覚所見(画像検査や電気生理学的検査など)に異常が見られないケースも多く、軽く考えられがちですが、筋肉や靭帯など軟部組織の損傷もあり、患者さまの苦痛は、想像以上と思われます。病院では、"話も聞いてもらえない" "相手にしてもらえない"との声をよく耳にします。そのような軟部組織の損傷こそ我々柔道整復師の得意とするところであり、ぜひおまかせ頂きたいと思います。
*個々の患者様へのインフォームド・コンセントはもちろんのこと最適な治療を選択し、最も早く患者様の痛みを取り"早く楽になられる"ことを一番に考え治療を行いますので、ぜひご来院ください。*

[当院は一般社団法人むち打ち資料協会の正会員です。]

むち打ち治療協会とは?

むち打ち治療協会では、むち打ち損傷の70〜80%を占めるといわせている頚椎捻挫に対し、専門に治療を行っている柔道整復師(接骨院の先生)を紹介しています。
そもそも、頚部捻挫とは首の関節の軟部組織(靭帯や筋肉などレントゲンに写らない組織)の損傷のことで、柔道整復師(接骨院の先生)は、急性外傷である捻挫の専門家なのです。
そして、病院でも専門の診療科があるように、交通事故のむち打ちの治療も専門の特別な治療技術が必要になります。

安心その1
技術、設備、経験など全て協会の厳しい基準を満たしています。

安心その2
全ての認定院が病院と緊密な連携をしているから正しい診断ができます。

安心その3
法律の専門家と協会が提携しています。


専門家の重要性

交通事故で痛めてしまった体を治すことが最優先です。
いけむら接骨院は、交通事故治療の専門家です。
交通事故によるケガの治療は、ただ電気治療をしたり、首を牽引するだけでは良くなりません。
専門の知識を持ったスペシャリストの治療が絶対に必要です。


交通事故に遭ってしまったら

1.けが人の救護と道路上の危険除去
二次被害が起こるのを防ぐため、負傷者が軽傷なら安全なところに非難してもらい、重症の場合は動かさず救急車の到着を待ちます。

2.警察へ届け出る
事故に遭ったら、まず警察に電話しましょう。
大した事故ではないので、という自己判断はしないようにしましょう。

3.加害者と加害車両の確認
加害者の氏名・住所・自宅と携帯の電話番号・自動車の登録ナンバーをしっかりと確認しましょう。
たとえ相手が誠実そうに見えても、時間の経過とともに、話の内容が変わる事はよくある事なのです。

4.事故状況の記録
後日争いになった際の証拠となります。
記憶はどんどんあいまいになりやすいので必ず事故現場の痕跡、ブレーキ跡等の写真を撮っておきましょう。
出来れば目撃者の名前と連絡先は聞いておきましょう。

5.自分の保険会社に事故の連絡をします。
自分が乗っていた車の加入している保険会社に交通事故にあったことを連絡して下さい。
搭乗者傷害保険を掛けている場合、請求する事が出来ます。
(搭乗者傷害保険は等級に影響しない保険の1つ。等級を下げることなく、保険料を受け取ることが出来るので、絶対請求しましょう。)

6.外傷がなくても必ず病院か接骨院を受診しましょう
救急車で運ばれるようなケガなら当然ですが、後日診察を受ける場合でも人身事故の取り扱いにしていないと治療費などの支払いが受けられなくなります。
事故直後は興奮しているため、症状が出ない方がいますが、必ず当日のうちに受診しておいてください。
たとえその日は何の症状が出なくても、後から何らかの症状が現れる事は往々にしてあります。
軽微な事故に見えても後で体に異常が出た・・・などということはよくあることです。
いけむら接骨院【交通事故治療専門サイト】
〒452-0912 愛知県清須市須ヶ口駅前2-63  TEL:052-401-2360
ホーム交通事故治療について費用について交通事故Q&Aお問い合わせ
Copyright (c) All Rights Reserved. このページの先頭へ