052-401-2360

  • 受付時間
  • アクセス方法

腰部捻挫

腰部捻挫(腰痛とは)|清須市交通事故治療.com

現在腰痛に悩む方が増えています。つらい腰痛の原因を探るため、レントゲンやMRIなどの精密検査を行いますが、その85%が原因不明の腰痛なのです。

けれども原因がわからないといっても、その精密検査が意味をなさないわけではありません。

骨や血管に異常がないことを調べることは、適切な治療を行う・後遺症を残さないためにもとても大切なことだからです。

腰に関わる疾患はいくつか存在し、精密検査の結果をもとに診断されます。レントゲンやMRIで異常が認められない腰痛は「腰部捻挫」であることが多く、骨や血管に異常がないために原因が特定されないことが多いです。当院では、このような症状の原因を見つけ出し、その場しのぎではなく根本から改善に導く施術を行い、後遺症を予防します。

交通事故後の腰痛には、3つの原因があります|清須市交通事故治療.com

腰部捻挫

腰椎間の靭帯や骨を支える深いところの筋肉を痛めた際に起こるタイプの腰痛です。いわゆる腰椎の捻挫…ぎっくり腰です。捻挫や筋肉の炎症であるため骨の異常は見られず、急な動きやちょっとした動きにより、腰椎の剪断力または過伸力が加わることにより引き起こされると考えられています。ちなみに、この捻挫が首に生じると頚椎捻挫…いわゆるむちうち症です。

筋・筋膜性腰痛型

強い衝撃や無理な体の動かし方によって、腰椎周辺の【腰方形筋・大腰筋・脊柱起立筋】などの背筋を痛めてしまうことで生じる腰痛です。腰を構成する腰椎に沿って痛みが生じます。主に腰痛や圧痛、動くことで痛みが増すなどの症状を呈します。筋肉と筋膜が必要以上にキュッと収縮して硬くなるタイプの腰痛です。

仙腸関節炎型

仙腸関節は、骨盤を構成しており、脊椎のバランスをとっているとても大切な関節です。その仙腸関節の靭帯や筋肉への負担、またはダメージにより仙腸関節が炎症を起こしている場合は、腰痛を呈します。

このように腰痛を大きく3つに分けると、上記のようなタイプが浮かびあがってきます。

腰痛は原因が1つとは限らず、複数の要因が重なって表れている場合もあります。

当院の腰部捻挫(腰痛)の治療法|清須市交通事故治療.com

当院には腰の痛みに悩む方が多く訪れます。当院では全ての腰痛に対して同じ施術を行うのではなく、患者様の感じている症状や痛み方に合わせた施術を行います。

腰椎捻挫、筋・筋膜性腰痛、仙腸関節炎型の腰痛など、疾患によってアプローチ方法が異なるのです。

体に合った施術を行うだけでなく、痛みを感じている部分以外…つまり骨格・筋肉・自律神経を整えトータルの治療を行うことで、後遺症を残さない、痛みを繰り返さない体作りを目指します。

当院は1日も早く患者様の体が回復することを願っています。その回復を早くに行うことができるようサポートするのが当院の仕事です。つらい腰痛を抱えている方は、我慢せずに当院に相談にいらして下さい。治療法についても、丁寧に説明させていただきます。

腰部捻挫(腰痛)を放っておくと…|清須市交通事故治療.com

交通事故では日常ではありえないような大きなダメージを体に負ってしまいます。

その時に腰にダメージを受けてしまうと腰痛に繋がってしまいますが、その“ダメージ”を放っておくと、慢性腰痛といった後遺症に繋がってしまいます。

さらにそのまま何もせずに放っておくと、下半身のしびれ・血流障害を伴う「坐骨神経痛」を呈するようになるなど、症状がどんどん悪化してしまいます。

早期治療は後遺症や症状の進展を避けるためにも大切なことなのです。

腰痛の慢性化防止は根本改善が重要

腰痛の慢性化を防ぐためには、根本原因を取り除くことが重要です。

「もう何年も痛み止めのお世話になっている…さすがに体が心配」そのような声を耳にすることもあります。

痛み止めのお世話になりたくない、後遺症との縁を断ち切りたいという方は一度当院にご相談下さい。後遺症を残さないように、早めに治療をスタートさせましょう。

お問い合わせ・ご予約

いけむら接骨院

  • 052-401-2360

住所
〒452-0912
愛知県清須市須ヶ口駅前2丁目63

受付時間